• ホーム
  • 犬に留守番を任せる為にできる配慮は?

犬に留守番を任せる為にできる配慮は?

2019年10月30日
食べている犬

犬が留守番する際、留守番する時間を穏やかな気持ちで過ごさせてあげることが大切です。心にも体にも良い影響を与えることができ、ストレスをあまり感じさせないためにいくつかポイントがあります。留守番する前と帰宅した後の犬の感情の上下を避けるため、出かける前の10分間ぐらいと帰ってからの10分間について、飼い主は過度に相手をしなかったり、少し気配を薄くする工夫をすると良いでしょう。気配を薄くするのはなかなか難しいので、退屈しないで留守番するのに便利なアイテムがいろいろあります。

例えば食べ物を中に入れ、遊びながら食べ物を出すことができるおもちゃがおすすめです。おもちゃにはいろいろな種類があり、遊びながら食べ物を出すことができるので退屈せず一人で過ごすことができるでしょう。ケージの中にいれておくなら、一緒にいくつかおもちゃを入れておくと静かに遊んでくれます。安全性の高いおもちゃが多いので、安心して出かけることが可能です。日頃からケージの中では過ごさずリビングなどで寝ている場合、イタズラされる可能性があるので事前に片付けておくなど工夫が必要です。触ると危ないものはきちんと片付けておいたり、壊されると困るものは整理して、安全性の高い環境にしておくことが重要です。

帰宅した時、犬は興奮状態にあることが多く、飼い主が更に興奮させてしまうことが多くあります。中には粗相をしてしまう子もいるので、あまり興奮させないようにしましょう。飼い主がいない間、何かイタズラしたりトイレを失敗する子は多いです。手足をずっと舐めている子もいますが、それは飼い主が留守にしていることよるストレスや不安からの行動という可能性があります。よく、犬がおしっこをして嫌がらせをすると言う飼い主がいますが、これは嫌がらせというよりストレスや不安などが関係しています。

基本的に犬は飼い主に対して嫌がらせをするという、複雑な脳構造にはなっていません。留守中においていろいろな問題行動が見られる場合、犬にとって留守番している状態がかなりストレスであることがあげられるでしょう。ストレスや不安などが影響して、普段と異なる行動が起きてしまうことになります。犬の問題行動に悩んでいるなら一人で悩まず、ドッグトレーナーや動物病院などに相談してみるのも良いでしょう。犬の不安な気持ちを解消することによって、一人できちんと留守番できる子になってくれます。

関連記事
愛犬が歳を取ったら餌の種類にも気を使おう!

犬は高齢になるにつれ、体にいろいろな不調が出てきます。太りやすい子もいれば餌を食べる量が少なくなる子もいるでしょう。餌をあまり食べなくなったりお腹が出てきたなど、実は何かしらの病気や体調不良のサインという可能性もあるので、高齢のせいだと決めつけずに動物病院を受診することをおすすめします。老犬になると

2019年11月02日
大事な愛犬をノミから守りたい!

犬の体にはいつの間にかノミが住み着いていることがあり、予防や駆除をきちんとしないとかゆがったり、皮膚炎になるので注意が必要です。いろいろな感染症の原因になるので、きちんと予防することが大切です。ブラッシングしていたり体を触っている際、小さいものが毛の中で動いたり、飛び跳ねたものがあるとノミが付いてい

2019年10月28日
もし犬が散歩嫌いだったらどうする?

犬は毎日同じ場所において、人の生活や行動などに合わせて生きています。単調な生活になりがちなので、散歩は大切なアクセントになります。気分転換として利用することができたり、他の犬と友達になったり楽しい時間を過ごすことが可能です。歩くことや動くことはエネルギーの発散になるので、ストレスを解消することができ

2019年10月25日